ホーム > 吃音(どもり)とは


          吃音の子と話すお母さんの画像 

      ■ 目 次
 1.吃音(どもり)とは
 2.症状
 3.原因と要因
 4.改善の方法
 5.さわやかカウンセリングのとらえかた


 

吃音(どもり)とは

吃音(きつおん)とは、話をする際にスムーズに言葉が出ない、言葉が流暢に流れない、言葉に詰まる事を指すコミュニケーション障害の一種です。

“どもり”とも言いますが、これは差別語となっていますので、徐々に使われなくなっている傾向にあります。英語では"stammer"あるいは"stuttering" といいます。

長きに渡って研究がなされてきましたが、不明なことが多く、画一的な改善方法は打ち出されていません。

吃って話していても本人は気にしていない、反対に、すらすら話していても本人は言いづらさを感じて悩んでいる場合があります。外部の人々は話し手の気持ちまでは判りませんので理解し難く、滑舌が悪いことと混同される場合があります。


症状

話し方の症状

発声の症状として、大まかには以下の3 種類に分類されます。

連発(音を繰り返します)
「き、き、き、君は」「そ、そ、そ、それだよ」などと、ひとつの音を繰り返します。文の頭、文中の文節のはじめ、単語のはじめなど、どの箇所にもみられます。
幼児期に比較的多くみられます。
気持が動転しているとき、緊張しているときなど連発が生じますが、常習化しているか否かが問題となります。

伸発(音を引き伸ばします)
「そ~れでね」「き~みはどう?」などの不自然に伸ばしていく症状です。
幼児期に多く見られます。年齢が増すと自意識が育ってきますので恥ずかしいと感じるようになり、控えるようになります。

難発(言葉が詰まって出ない、ブロック)
言おうとしてから数秒してことばが出る、言葉が出にくい、あるいは出ない症状です。
文のはじめの音、文節のはじめの音、単語のはじめの音などにみられます。
成人はこの難発が多く、表面には表れにくいこともあり、周囲の人々は本人が悩んでいることなど分からないことが多くあります。

出だしの音にこだわる場合が多く、はじめのことばが言えると、その後の言葉は流暢に話せることが多いです。子どもから大人に共通してみられます。


 詳しくは“症状・レベル・チェック“のページをご覧ください。 


       吃音のことで悩む女性

その他の症状

言葉だけではなく、以下のような症状もみられます。

■随伴行動(体の動き)がある
話す際に、手足をふる、指をクロスさせる、体をのけぞらす、足で床をトンと踏む・・・など、体の動きを伴う症状です。

■回避(言い換える)
苦手な言葉やどもりやすい言葉を、同じ意味の別の言葉に言い換える、途中で話すことをやめる、ジェスチャーを使うなどの症状です。

心理面では・・・

●言いやすい言葉、言いにくい言葉の色分けがある。
●今は言えるが、特定の場面では言えないだろうという予測をする(発語予期不安)・・など。

話すときの表情

●視線をそらす
●せきばらいをする
●早口で一気に話そうとする(間を入れて話すのが怖い)
●小声になる
●ある程度話してある言葉で詰まると、また始めに戻って話そうとする。それを繰り返す。
●言えないと判断すると、完全に沈黙する。
●言いにくい言葉を言いやすい言葉に換える。


          吃音で悩んでいる女の子


原因と要因

原因を探る研究は長きに渡ってなされ、さまざまな説がありますが、未だこれと特定することはできません。ただ、引き金になることがら(要因)については次のものが考えられています。

心理的な要因
ストレス、環境の変化、いじめ、心配事などは、話すことと因果関係があります。

脳の障害
大脳の左右の働き方のバランスが崩れる、あるいはドーパミンなどの代謝物質の過剰な分泌で症状が出るという説があります。

環境の要因
ことばの発達段階で、取り巻く環境の影響を受けて吃音になることが考えられます。例として、親が極端に早口であるとか、幼友達にどもる子がいて、その真似をすることなどです。

遺伝的な要因
同じ家系に複数の吃音者が出ているケースがあります。このことから吃音の遺伝子があるのではないかという研究が海外でされていますが、環境の要因と重なることもあり、まだ研究段階です。


発症経緯によって2つに分類することができます。

■発達性吃音(吃音者数全体の約9割を占めるといわれています)

■獲得性吃音(吃音者数全体の約1割といわれています)

   
 話し合う小学生
 

発症時期

多くの場合は幼少期にさかのぼることが多いです。年齢が増すにしたがい、吃音は消えていくものですが、そのまま引きずって小学高学年になり、吃音意識が生まれてくるようになります。

また一方、成人になってからどもり始める場合もあります。アルバイト先で「ありがとうございました」が詰まってしまったことが尾を引いて、会社での電話応対で吃音が出ることなどが一例です。

30~40歳代で、環境の変化、人間関係のこじれ、不安な気持ちが引き金になることもあります。

  人口全体での吃音者数の割合、男女別の割合

人口全体の1%程度だと言われています。現在の世界の総人口が約75億人ですので、7500万人が吃音を持っていることになります。世界のどの言語にも吃音は発症しています。
また、実際には吃音があることが表面に出ないことも多く、正確な割合は不明です。

吃音の男女の正確な比率は出ていませんが、男性と女性の割合は4:1とも言われています。男性の方が女性よりも多いことは確かなようです。


           
          吃音と脳の関係のイメージイラスト

 吃音の波

比較的吃音が出にくい時、また反対に出やすい時の波があるようです。

体調にサイクルがあるように、話すことにも何かサイクルがあるのかもしれません。波の背景を考えてみますと・・・。

どもる頻度が高くなる時:

●多忙な仕事
仕事に追われるような忙しい日々が続いて疲れている時。ついつい話し方が荒くなり、力みが入ってしまう。呼吸も乱れがちになります。
● 人間関係
家庭や職場で人間関係がこじれているような時。他人の反応に神経質になってしまう。そのため話し方にも影響が出てきます。
● 接待サービス
対人関係が多い仕事をしている時。力量を超え続けると話すことのマイナス体験となってしまいます。
● 仕事の失敗、叱責
話すこととは関係のない失敗をして自信をなくしている時や、職場の上司からのきつい要求、忠告などを受けている時。職場の雰囲気が張り詰めている時など。 上司の厳しい態度・・・小学生でしたら、担任の先生が厳しい態度をとった時など。
● 神経の高ぶり・・・体は充分に休息をとっているが神経が高ぶっている時。こんなときは神経質になって自分の話し方が気になってしまうものです。
● 季節の変化、風邪・・・風邪などで鼻がつまったりしている時。呼吸に影響がでて話しにくくなることがあります。

どもることが比較的弱まる時:

●適度な忙しさ
自分の吃音を良い意味で忘れている時。このような時は変に内省的にならないものです。
● 緊張がほぐれている
人前でのスピーチや発表の後の緊張がほぐれているときは、体も心もリラックスするので発語が楽になるものです。
● 良い人間関係
家庭や職場で良い人間関係が与えられている時。変な気遣いがなく、心に余裕があります。
● 心のゆとり
自分で納得のいく話し体験をしていたり、話すことに関係ないことで自信を持つ体験をしている時。このような心のゆとりが話し方に反映されるものです。

過度なストレス、人間関係からくる緊張・気遣い、体調の変化などさまざまな事柄で影響を受けるものです。




改善の方法

さまざまな方法で試みがなされています。


          吃音のカウンセリングを受けている女性

言語聴覚士による診断・治療
脳疾患、その他、体の外傷に起因する吃音(獲得性のもの)の治療に適しています。発語神経を修復する話すためのリハビリ的な治療です。

心療内科・精神科・神経内科での受診(カウンセリング)
過度なストレスにより吃音がひどくなっている場合、緊張をほぐすための精神安定剤などの服用の処置を行います。

民間の矯正所(クリニック)
矯正所で行われている対症療法では、腹式呼吸をはじめ、発声練習をしています。指導内容の詳細は個々の矯正所で異なります。

一般の話し方教室
軽度であるなら、受容的な雰囲気の中で人前で話す経験は、話す自信につながります。正しい発声の指導を受けるので、正しい発語感覚を掴むきっかけにもなり得ます。



注意していただきたいこと:吃音矯正をうたっている教材
ネット上には吃音矯正の教材販売のホームページが多数(元は同一の教材)ありますが、誇大広告(効果の誇張)と実際の内容の隔たりに問題があるものが見受けられます。
また、根拠のない仮説を、まことしやかに記していることも問題です。

教材の内容は、一般のセミナーで使われる自己啓発(心理、メンタルトレーニング)に吃音関係の知識を加えたものです。

消費者庁が警告している誇大広告表示に抵触する表記がありますので、注意を要します。

※ 誇大広告とトラブルに関する消費者庁HP:
http://www.caa.go.jp/representation/keihyo/webhyouji.html

ネットユーザの識別力が問われています。

さわやかカウンセリングのとらえ方


          吃音改善のイメージ、手と青空    


吃音は治療するものではありません。ここで取り上げている吃音は内因性のもので、発声器官や脳の障害による外因性のものではありません。

改善の方向はあくまで安定した話し方の習慣作りにあります。電話カウンセリングでは、受講生が安定した話し方の習慣を身につけることを目標としています。

治る・治らないという白・黒の世界ではありません。吃音意識があっても話し方を調節できるようになるのが正しいあり方です。

焦らないことが大切。短期間で焦ってなんとかしようと思うと上手くいきません。体質改善と同じように実践と経験の地道な積み重ねが必要です。必要なのは頑張り力ではなく、良い話し方に向けた習慣力です。

発語予期不安、ひっかかる感覚があることをそのまま受けとめつつ、安定した発語フォームを実践を通して身につけ育てていくことが健全な姿勢です。

発語予期不安を消そうとすることは意味がありません。無くそうとすればする程、こだわり・囚われ意識が助長されます。安定した話し方の調整能力が身につくに比例して、過度な不安感も和らいでくるものです。

電話や人前で話す際、緊張して吃音が出るものですが、緊張していなくてもどもって話していたり、言い換えをしていることがあるものです。日常会話で偽りのない安定した話し方の実践が真の自信につながります。

ひとりだけで音読をするときでもどもる、あるいは実際の会話が成り立たない方もおられます。このような方は基本的な発語練習を繰り返す必要があります。

症状・レベルは個人によって異なりますので改善の画一的な方法はありません。けれど安定した話し方への共通した方向性はあります。