ホーム  体験談 > 聞きやすい話し方の体験談

レッスン体験談(18歳~25歳)(P.2)聞きやすい話し方 他

 スピーチやプレゼンテーションなど、人前で話すことに積極的に挑戦していきたいと思います。

Mさん(東京都在住 25歳 リハビリテーション 理学療法士 男性)

私がどもることを意識するようになったのは小学校5年生の頃です。(「吃音に至る過程」参照)当時児童会長をしており、人前で話す機会が多い環境でした。最初は言葉の第一音が連続的になるだけだったものが、次第に言葉が詰まり出なくなってきたのです。人前に出てしばらく黙り込むこともしばしばありました。それを誰にも打ち明ける事ができず、人の目を気にして次第に人前に立つことをなるべく避けていくようになりました。

それでもなんとか社会人として医療のリハビリ職に就職することができました。しかしそれまで人前を避けてきて抑えられてきた吃音意識が、仕事という責任性と人前を避けられない環境で次第に強められ、言葉に詰まることが多くなりました。
誰にも打ち明けられず転職も一度考えましたが、そんなときに、さわやかカウンセリングのHPに目が留まりました。電話でレッスンを受けられるということで、まずは話だけでも聞いてもらいたいという気持ちも強く、レッスンを受けることにしました。

レッスンを始めて約4ヶ月が経ち、今は月1回ペースで続けさせて頂いていますが、レッスンを受ける前の自分と比べると、現在は話す時の力みが抜け、本当に気持ちが楽になりました。場面によってはまだ吃ることもありますが、以前吃っていた言葉が詰まらずに話せるものも多くなってきました。それは吃音を否定しない、受容した上で雑な話し方をせず安定した話し方を獲得していくという指導があったっからだと思います。普段やや早口だった私は、それ以来友達や家族と話す時も雑な話し方をせず、ややゆっくりと安定した会話を心掛けるようになり、それが職場でも自然と出てくるようになっています。

今後はスピーチやプレゼンテーションなど、人前で話すことに積極的に挑戦していきたいと思います。

※ ひ と こ と :
リハビリ関係のお仕事は、患者さんとの会話、職員との業務連絡、会議やプレゼンテーション・・・話すことの実に多い業務です。自分にとって安定した話しやすい話し方は、聞く側にとって聞きやすい話し方につながります。

 このレッスンをやる前と比べて、出来るようになったことが格段に増えました。

Hさん(岐阜県在住 19歳 会社員 女性)

私がどもることを気にし始めたのは、小学校低学年の時です。友達や先生に真似されたりしてちょっと嫌だと思う程度でした。今思うと、そのころ人前で話すことはそれほど抵抗がなく、どもりもあまり気にしていなかったと思います。

中学3年生の高校受験の面接練習の時、どもってしまって上手く話せませんでした。どうして言えないのかと悩みましたが、本番では緊張しながらもとにかく自分をアピールしなきゃという思いで、その時はどもりを気にする余裕がなく、自然に話せた気がします。

高校3年生の就職試験の時は練習でも本番でもどもりがでてしまい、とても苦しい思いをしました。

銀行に就職しましたが、業務や接客マナーなどの様々な研修がありました。その中でも電話応対の研修では、話しているところをビデオに録り、それをみんなで見るというものでした。緊張とどもってしまうのではないかという不安でいっぱいでした。やはりどもってしまって言葉が出ず、ビデオを見ていた他の人に笑われてしまったりして、とても悔しい思いをしました。

そのことがあってか、仕事での電話も苦手でいつも逃げていました。話す場面があっても、騙(だま)し騙し仕事を続けてきました。

銀行での仕事も2年目となり、窓口の仕事をしなければならなくなってきました。お客様と話すことはもちろんですが、窓口で大きな声でお客さんの名前を呼ばなければなりません。どもってしまって名前が言えず、苦しく、仕事を辞めたい気持ちでいっぱいでした。

そんな中、窓口業務の研修に行くことになりました。以前の電話の研修の時のように、ビデオに録って見るもので、再びあの時の気持ちが甦(よみがえり)ました。どうにかしなければと思い、インターネットでさわやかカウンセリングを見つけ、藁(わら)にもすがる思いで受講しました。今年の8月のことです。

レッスンでは主に電話の応対や仕事でよく使う日常会話の練習をしました。最初は言えなかった言葉も練習を重ねるにつれて、楽に言えるようになりました。レッスンで言えている事が自信となり、仕事で今まで逃げていた電話にも出てみました。そしたら、レッスンの時のように言えたのです!嬉しくてたまりませんでした。
窓口での受付業務も進んで挑戦してみました。やはりある特定の名前はつかえてしまいましたが、いつか言えるのではないかと希望を持ちました。

レッスンを始めて4ヶ月。このレッスンをやる前と比べて、出来るようになったことが格段に増えました。電話も今では進んで出ています。受付でのお客さんの名前を呼ぶ時、まだ詰まることが多いのですが、自分の言いやすい言い方がないか試行錯誤しながら頑張っています。すべてのお客さんの名前を自然に言っている自分の姿を描いています。

※ ひ と こ と :
高校卒業後、すぐに銀行での業務に就いたHさん。18歳の彼女としては、周りのすべてが先輩であり、緊張してことばも言いづらかったと思います。電話応対や窓口での呼出し、接客など、今までよく頑張ってこられました。
今は随分安定感が出ていますので、これからも実践を通して自信をつけていただきたいです。

 今後もゆとりのある聞きやすい話し方をさらにマスターしていきたいと思っています。

Mさん(群馬県在住 25歳 会社員 男性)

私は小学生の時から吃音小に悩んできました。親から聞いたところでは、私が吃音症になったのは幼少の頃からだそうです。小学生や中学生の時は、学級代表や運動会の団長など、人前で発言する機会が多くありました。私がどもったりすると笑われたり、バカにされたりもしましたが、理解してくれている友達もいたので、それほど気にすることなく普通の生活を送っていました。

大学生の時は、サークルやゼミなどで多くの人と話す機会が格段に増えました。話していると言いにくい言葉があったり、どもってしまうこともありましたが、その時もさほど深くは悩んではいませんでした。

そして去年から社会人になり、今までよりも電話で話すことが多くなりました。そして毎回電話対応でどもったり、言葉が出てこない場面が増えてきて、精神的にも追い込まれていきました。それがきっかけで、これは真剣に改善に向き合わなければならないと思い始めました。

ちょうどその時に出会ったのが「さわやかカウンセリング」でした。
インターネットには「毎日これをするだけで吃音が治る」とか、いかにも信憑(しんぴょう)性のない教材ばかりありましたが、「さわやかカウンセリング」は治すのではなく、あくまで聞きやすい話し方を身につけていくという別の視点から吃音を捉えていたので受講することにしました。

レッスンでは、呼吸法、安定した話し方、電話のシュミレーション演習などをしていますが、それだけではなく普段の生活での悩みも聞いて頂いています。その時に、「大丈夫。そんなに気にすることではないですよ。」と先生がおっしゃってくれるだけでも精神的にかなり助けられている気がします。

レッスンでの電話対応の練習では、会社名と名前を安定したペースで話すようにしています。日常では、ゆっくりと話す練習を自分で毎日1分ほどしていますが、それだけでも随分電話対応が楽になりました。
とは言え、やはり電話あるいは実際に面と向かって人と話す時にどもってしまうことがあります。しかしゆっくりと相手に聞きやすい話し方を心がけているだけでも、以前よりも精神的に楽になっていることを感じます。

今後もゆとりのある聞きやすい話し方をさらにマスターしていきたいと思っています。

※ ひ と こ と :
Mさんの職場では毎朝の朝礼で社訓唱和のリードをするなど、業務連絡とともに話す場面が多くあるようです。「必要は発明の母」といわれますが、話すことについても「必要は改善の母」と言えると思います。
今の職場環境を充分に活用して、話し方のレベルを高めてください。