ホーム  体験談 > 安定した話し方

吃音克服体験談(高校生)(P.5) 安定した話し方、他

 自分の満足のいく話し方になるよう、克服に向けて頑張っていきたいと思います。

Nさん(石川県在住 高校1年生 女子)

私は今、高校1年生です。自分で話し方が変だなぁーと感じたのは、私が幼稚園の時でした。その時は自分が小さかったこともあり、全然気にしていませんでした。

でも、小学校の高学年になると普通に友達と話す時も詰まってばかりだし、国語の朗読の時間も詰まって全然読めませんでした。なので、国語は大嫌いでした。皆の前で何か発表をする時も、心臓がバクバクしてものすごく緊張してしまいます。更に話す時も詰まり詰まりでもう最悪でした。

一番嫌いだったのは、友達に「どうして詰まるの?病気なの?話し方変だね」と言われることです。そうやって言われた時はとてもショックでした。

中学校に入っても、同じでした。全然スラスラと話せないし、友達には「どうして詰まるの?」って聞かれるし、とても嫌でした。国語がある日とか発表のある日とかは学校を休みたいと母に何度も言っていた時期もありました。

父がこの「さわやかカウンセリング」を紹介してくれました。

最近国語の時間に「3分間スピーチ」がありました。私は最初それを授業でやると聞いた時、「とても」が100回つくほど嫌でした。「なんでそんなことするの~っ」と叫んでいました。でも仕方がありません。私はカウンセリングで習った腹式呼吸や語尾を伸ばすこと、ゆっくり話すことを意識しながら練習しました。自分の番が回ってくる前日、「もういいって!」と言うぐらい、何回も何回も練習しました。

いよいよ発表の時、先生が「では今日の人、お願いします」と言った時、いつもと違っていたのは「緊張感」でした。いつもの私ならこういう皆の前で発表する時とかは、息ができないくらい緊張していてすごいのですが、今回はなぜか緊張はしているのですが、適度に緊張していて、心にとても余裕がありました。最初、また詰まるのかなという不安もありましたが、自分としてはとても満足にスピーチが言えたと思いました。声もふるえなかったし、詰まったのは2~3回だけだったので、以前はみんなの前で話すのは大嫌いだったけど、少し好きになりました。

自分が描いている理想の話し方になるには、とてもとても長い時間がかかると思うけど、少しでも自分の満足のいく話し方になるように、話すことが大好きになるように頑張っていきたいと思います。

※ ひ と こ と :
学校での「3分間スピーチ」体験は、話すことの自信を深める意義ある一歩でした。
改善の方向性を踏まえた上での努力は決して徒労に終わらないことをNさんは身をもって感じているようです。

 私はさわやかカウンセリングを受けて、心から良かったと思っています。

Sさん(千葉県在住 高校1年生 女子)

私は小さい頃からすでにどもりを持っていました。小さい頃は気にしていなかったのですが、成長していくにつれてどんどん自分のコンプレックスとなり、発表だけではなく話すこと自体が嫌いになっていきました。

学校で発表があると知るとその事が頭から離れなくなってしまい、たとえ発表が2週間先であっても、もう怖くてしょうがありませんでした。

しかしこのままじゃいけないと思い、インターネットで検索していたところ、この「さわやかカウンセリング」に辿り着きました。

私は言おう言おうとして力が入りすぎ、母音が強すぎることがレッスンでわかりました。自分でも話しているときはとても息苦しく、どんなに頑張っても声は出ないしで、何でこうなるんだ!とずっと思っていました。

そしてその改善として、レッスンで最初の言葉を力みを入れないで軽く言うことなどを教わり、いつも頭の片隅に置いて気をつけるようにすると、断然変わってきました。そして、だんだん行動にも変化が出てくるようになりました。

道に迷ったら人に聞いたり(今まではできませんでした)、学校で、グループの中の代表としてクラスの中で発表しなければいけない時に、以前はどんなことがあっても他の人に頼んでいたのですが、自分でも発表するようになりました。

話すことへの恐怖が全くなくなったわけではありません。どもりも少しずつ良くなっていますが、完全に治ったわけではありませんし、周りから見たらまだまだどもっている時があると思います。しかし、今まで「怖い」という気持ちだけだったのが「こうすると言えるかもしれない」というわくわく感が少しずつ自分の中に出てきています。

この感情はとても大きな一歩だと自分では感じています。

今年、高校受験で面接を受けました。とても緊張し不安感でいっぱいでした。しかし、本番で多少どもってしまったものの、自分の意見を全部言う事ができました。そして、念願の志望校に合格する事ができました。本当に嬉しかったです!

これからもさわやかカウンセリングを通し、安定した話し方を身につけるように努めたいと思います。

※ ひ と こ と :

この1年間、Sさんなりに話し方の実践をコツコツと積んできました。レッスンを始めた時の1年前とくらべてグンと自信がついているようです。有意義な高校生活を送ってください。